離婚のご相談は何度でも無料
池袋東口法律事務所


◆協議離婚の注意点

協議離婚は離婚届を役場に提出するだけの簡単な離婚です。

離婚する時というのは、どうしても感情的になってしまいます。中には、一刻も早く別れたいと思い、署名した離婚届を相手に預け、すべて任せてしまう人までいます。

ただ離婚は、個人の人生や財産に直結する法的な意味を持つ手続です。感情のおもむくままに離婚してしまっては、後で後悔しかねません。

特に、子供の親権と養育費財産分与、どちらかに不法行為があるなら慰謝料この三点は必ず明確に決めておくべきです。

そしてこれらの決定事項を将来に渡って実現するために、できれば執行文言付きの公正証書を作成しておきましょう。

この公正証書があると、例えば決めた慰謝料や養育費を支払わない時に、相手の給料を差押えることが可能です。

公正証書は、自分でも作れなくはないですが、一般には弁護士や行政書士に頼んで作ってもらいます。

世間にはこうした手続をやっておかなかったばかりに、養育費の支払いが止まってしまい泣き寝入りしているお母さんや、非常に困窮した生活を送るシングルマザーの方が大変多いです。

法律の格言に、「権利の上に眠る者は保護されない」という言葉があります。権利があっても、権利を実現するための努力をしなければ、権利は実現しないのだ、という意味のとても厳しい言葉です。特に、せちがらいこの世の中を、これから1人で生き抜こうという時には、自分の権利に敏感になることが必要でしょう。

離婚の法律