離婚のご相談は何度でも無料
池袋東口法律事務所


◆証拠の大切さ

離婚に限った話ではないですが、法律の世界では証拠が重要です。

神様の目から見れば、いつどこで誰が何をした、という事実は、世界に一つしかないでしょう。しかし人は神様でないので、自分の体験したこと以外はわかりません。

ですから、あなたが、裁判官などの他人に事実を認めさせるには、事実を体験した人の話を聞かせたり、事実を推定させるモノを見せて、事実があったと判断させるしかありません。

この、他人に事実を判断させる元となるものを「証拠」といいます。裁判や調停など、法律の場では、この証拠が物をいいます

もし証拠がなければ、例え本当は事実であっても、法律の世界では事実とは認められないこともある位です。

証拠には、人の話による証拠証言」と、文書による証拠書証」があります。そして、証拠のうち、特に裁判所が重視するのは書証です。

離婚の時に役に立つ書証とは、例えば、浮気の証拠写真や、協議離婚書相手の暴行を証明する診断書などです。これらがあれば、きっとあなたはその事実を事実だと証明することができるでしょう。

他方、証言で事実を証明することは、実は結構難しいです。人の記憶は不完全だし、嘘もつくし、言った言わないの話になるし、証言は一般に信用性が低いからです。

そんなわけで、離婚に限らず、何か法的に大切なことをする時には、後にその事実を証明できるように、書証を残すようにしましょう

実は、皆さん普段からやってることなんですけどね。買物をした時に、レシートを貰うでしょう。品物に問題があって返品する時に、レシートがないと、本当にその店で買ったかわからないから、返品できませんよね。それと同じことです。

なお、相手がどうしても事実を認めない、深刻なケースでは、探偵を使う必要があることがあります。探偵には悪徳会社もありますから、探偵業協会加盟の会社が良いでしょう。

どこの探偵が良いかはよくお尋ねがあるのですが、使いやすい探偵としては原一探偵事務所 がオススメです。もう何年も前からオススメしていますが、定評があり、悪い評判は聞きません。よく盗聴器発見!とかのテレビ番組に出てくる探偵さんです。(※探偵・興信所とは何かもご覧下さい。別サイトなので携帯の「戻る」ボタンで戻って下さい)

離婚の法律